千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

花は桜、魚は鯛。 東京さくら巡り2018

今年の桜は早かったですね!

 

こんばんは、千すけです。

東京の桜の名所をまわってきました(*^^*)

 

*皇居乾通り → 千鳥ヶ淵 → 目黒川 → 上野公園へ

 

f:id:sensukekimono:20180330184813j:image

f:id:sensukekimono:20180330184901j:image

皇居・坂下門付近。

石垣やお濠が、当たり前ですが、そういえば「江戸城」だったんだな、と思わせます。

 

f:id:sensukekimono:20180330181833j:image 

乾通りの八重桜

 

 

新鮮だったのが、東京のビル群。

東京はどこにいても高い建物ばかりなので、「引き」の視点でビル群を眺めることがあまりない。

f:id:sensukekimono:20180330183456j:image

皇居側からだと、一気にパノラマになるので圧巻でした!

ちょっと霞みがかってました。春霞。

 

 

f:id:sensukekimono:20180330154629j:image

千鳥ヶ淵。ボートがたくさん浮かんでいました〜!

f:id:sensukekimono:20180330154654j:image

 

千鳥ヶ淵の桜は、他で見た桜よりも、とても古木な印象でした。

幹がどっしり、木肌もごつごつしています。

f:id:sensukekimono:20180330154736j:image

で、千鳥ヶ淵の桜によく見られたのが、これ

枝じゃなく、幹からちょこちょこ桜が …!

私はあんまり、こういう咲き方を見たことがない気がします。可愛かったです(*^^*) 

 

正直もう、千鳥ヶ淵ですっかり満足し、桜はお腹いっぱい〜と思っていたのですが^^;

このあと行く目黒川も上野も、千鳥ヶ淵も、やっぱりそれぞれの趣きがあって、とても良かった!

 

 

続いて目黒川

f:id:sensukekimono:20180330155440j:image

f:id:sensukekimono:20180330155500j:image

f:id:sensukekimono:20180330155533j:image

川の両岸から桜が覆い被さり、まさに桜のトンネル状態。

 

f:id:sensukekimono:20180330155549j:image

花びらがふわふわ舞っている。

 

f:id:sensukekimono:20180330155613j:image

目黒川の桜は、お店やら住宅やらがひしめく

川沿いの街の、暮らしの賑わいに寄り添っている感じがしました。

 

 

最後に上野公園。

f:id:sensukekimono:20180330155933j:image

ここは ザ・花見 (桜の下でシート広げて、呑むよ〜!って感じの!)という雰囲気!(o^^o) 楽しそう!

会社行事として来ている雰囲気の方がほとんどでした。

夜桜は寒いイメージがありますが、

この日は夜も暖かかったので、他人事ながらホッとしました^^;

 

f:id:sensukekimono:20180330155950j:image

この辺で日が暮れ始めます。

こういう、明かりが灯っていて、中で人が思い思いに楽しんでいるのだろうなーと思われる光景、すごく好き。

(それにしても、この手前のレーンは…! 混む時はここまで並ぶんでしょうかw(゚o゚)w )

 

 

どこの桜も、人で賑わっていて、みんな桜を楽しんでるんだな〜!と思うと同時に、

桜の木もそれぞれの場所で、楽しそうに見えました。

 

 

 

谷崎潤一郎の『細雪』で、

四姉妹の次女・幸子が

「好きな花は桜、好きな魚は鯛」である、というくだりがあります。

 

王道を好み、姉妹のうちで一番、単純明解、つかみやすい性格である、というような描写だった印象が残っています。

(ちなみにこの細雪、四姉妹それぞれの個性が際立つ着物姿が書かれていて、それを想像しながら読むのがとても楽しい…!)

 

もっとも、幸子及び四姉妹の場合は、

・花は(京都の) 桜

・魚は(明石の)鯛

に限る、

なのですが、

 

私も、桜と鯛は、どうにも特別に思えます。 

鯛は、味はもちろん、風貌からして魚の王様だと思っているし、

桜も、別格という言葉がぴったり。

これだけ、人々の心を揺さぶる花、皆が心待ちにする花があるなんて。

 

日本に生まれてよかった。

 

 

細雪 (上) (角川文庫)

細雪 (上) (角川文庫)

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com

 

 

sensukekimono.hatenablog.com