千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

【お知らせ!】着物屋始めました。『千すけ 着物ブティック』 百年先の世に着物が残りますように。

こんにちは、千すけです!

 

今日は、ちょっとドキドキしながらお知らせ致します…!

 

このたび、web shopにて

アンティーク&リサイクルキモノ

千すけ 着物ブティック

をオープン致しました〜〜!!

f:id:sensukekimono:20180429020056j:image

アンティーク・リサイクルの着物を販売しています。

sensukekimono.com

 

 

 

かねてより準備してきましたが、

ようやくここでお知らせできるようになりました…!!

 

まだまだ、サイトは未完成というか、

載せたい商品が追い付いていない状態なのですが(汗

 

よろしければ覗いてみて頂けると嬉しいですー!(^.^)

 

もともと着物が好きで、前々から

「いつか、着物に携わる仕事がしたいな」と思っていたのですが、

その中で「リサイクル着物のお店」をやる事を選んだ理由のひとつに、

着物が、受け継がれてほしい。

という願いがあるからです。

 

 

着物は、「大事にすれば、三代着られる」と聞きます。

おばあちゃんから、孫娘まで。

 

着物の寿命は、だいたい百年。だそうです。

 

そうなると、いま、現在、【アンティーク着物】と呼んでいる、

大正から昭和初期頃の着物は、もう間もなく寿命を迎えることになるのです。

 

f:id:sensukekimono:20180529015517j:image

 

その頃の着物は大変美しいものが多く、

今ではもう同じものは作れない、という貴重なものばかりです。

 

もう一度、世に出て、輝いてほしい。

現代の皆様に、楽しく着て頂きたい。

リメイク素材として、生まれ変わるのも嬉しい。

 

そして、まだアンティークではない、比較的新しい着物も、

捨てないで!(><)、百年全うできるように、いまから流通してー!!

という思いでいます。

 

 

これは私の思い込み・着物好きフィルターが入っているとは思いますが…(^^;  、

商品の撮影用に、着物をコーディネートしてトルソーに着せていくと、

なんだか着物が喜んでいるような気がしてきます。

ただ畳まれた状態よりも、がぜん活き活き!してくるんですよね〜(*^^*)

トルソーよりも、人が着てくれたら、着物ももっと嬉しいだろうと思います。

 

 

そうして、みんなで襷のように着物を受け継いでいって、

百年先の世に、着物を残す。

そのお手伝いができたらいいな!と思っております。えへへ(o^^o)

 

 

そんなわけで、

ひよっこのお店でありますが、

これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

sensukekimono.com