千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』店主のブログです。着物あれこれ、好きなもの

七夕 何食べる?

 

こんにちは、千すけです。

 

明日は7月7日、七夕!

 

お店とか、あちらこちらで笹と短冊を見かけますね(o^^o)

 

毎年、なんとなく思うんですけど…

 

七夕って、何を食べればいいんでしょう?

 

 

いや、そもそも何か食べるようなイベントじゃないんだけれども、^_^;

 

桃の節句→桜もち、菱もち、はまぐり

端午の節句→柏もち、ちまき

とか、

 

冬至にゆず湯とかぼちゃ、とか、

 

晦日の年越しそば、みたいな

 

わかりやすく、気分が出るもの、季節を感じるものが、私は好きなのです。

 

が、七夕って、そういう点では、「コレ!」ってものがないような…

強いて言ってそうめんぐらい?

 

 

1年位前かな、NHKで、冷泉家の番組をやっていて、

ずっと守り続けている年中行事や習わしを、一年を通してカメラに収めたものでした。

 

NHKスペシャル | 京都 冷泉家の八百年~和歌の心を守り伝えて~

↑多分、これの再放送?かなぁ…

 

たまたま見て、深夜、1時ぐらいから始まって、たしか3時近くまでやっていたのですが、もう思わず見入ってしまい、今でもとてもとても印象に残っています。

 

その中で、特に強く印象に残ったのが、

乞巧奠(きこうでん、きっこうでん

という七夕の行事でした。

 

お星さまにお供え物をして、

歌を詠む。

(それも、十二単を着て…!夏に!(^_^;) )

 

そのお供え物の中で、

【水に、梶の葉を浮かべたもの】

がありました。

水面に星を映すのだそう。

(梶=舵、天の川を渡る船)

 

その映像では、まだ暗くなりきらない夕方だったのですが、きっと

夏の長い陽も暮れ、夜が訪れて、

空は真っ暗、水の中も真っ暗、そこに満天の星の光が灯る…

梶の葉が浮かんでいるのは天なのか、この水面なのか、一瞬わからなくなるかもしれない。

そんな事を想像したら、すごく不思議な気分になりました。

 

現代では、星はなかなか、水面に映るほどは見えないであろうけど。

昔の人は、そんな濃い闇と光とを見ていたんだな。

 

 

f:id:sensukekimono:20190705204417j:image

 

私は、七夕はなんとなく、可愛いものを食べたくなります。笑

star festival っぽいやつ。

お星さまのお祭りっぽいやつ。

 

f:id:sensukekimono:20190706013153j:image

これは2年前?の七夕、フルーツサンド。

七夕全く関係ないけど!笑

 

 

そうめんは大好きですが、

好き故に夏じゅう食べるのであまり七夕感はない。

 

ちなみに、そうめんやざる蕎麦は、

5月頃、「今年最初の夏日です!」とか言われ出す日に、

「あー夏が来るー!冷たい麺が食べたいな!」と思う瞬間が、毎年必ずある。

 

真夏のそうめんやざる蕎麦も勿論いいけれど、実は初夏に食べるのが一番、楽しいと思う。

だから、冷やし中華始めました】を見ると、人はなんとなく「おっ(^.^)」とウキウキするんじゃなかろうか。

 

 

あなたは明日の七夕、何を食べますか?(o^^o)☆

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com

 

sensukekimono.hatenablog.com