千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

もうひとつの故郷、宮崎県。『天領うどん』に集合してしまう一族

 

先日、私の生まれ育った街、について書きましたが、 

sensukekimono.hatenablog.com

 

 

【もうひとつの故郷】についても、書いておきたくなりました。

 

 

それは、宮崎県。

母の生まれ育ったところです。

そこは「九州のおじいちゃん・おばあちゃんち」として、遊びに行く場所でした。

 

なので、回数としては、そんなに多く訪れてきたわけではないのですが、

DNAに刻まれているのか、宮崎に行くと、「ああ、帰ってきた」「懐かしい」という気持ちになります。

そして、宮崎を発つ時はとても淋しい…。泣くぐらい淋しい。

 

 

夏目漱石が『坊ちゃん』の中で、

「名前を聞いてさえ、開けたところとは思えない。猿と人が半々に住んでいるような気がする」

と書いている延岡市

分からんでもない。。。笑!

でも私は「のべおか」という言葉の響きも好きです。(^^)

f:id:sensukekimono:20180924233744j:image

このしましまの煙突が、子供の頃から印象的でした。

 

 

 

f:id:sensukekimono:20180924231954j:image

宮崎空港のおひなさま。

 

 

空港を出ると、ハイビスカスにブーゲンビリア、ヤシの木やらビロー樹、フェニックス、一気に南国気分です。

f:id:sensukekimono:20181001193951j:image

 

 

f:id:sensukekimono:20181001200404j:image

2月に撮った写真ですが、やっぱり南国らしい明るさがあります。

関東とは違う陽射しの強さを感じました。

 

 

いつも思うのだけれど、宮崎は、山も木も、風景のどこもかしこもが、なんだか、のほほんとしている。

私が知る中では埼玉の秩父とか、なんかこう、切り立った空気や、山間部の自然の厳しさを感じるものがあるけれど…

宮崎はもっとのんきな感じがして、行くととてもホッとする。

 

内陸育ちの私には、海が近いというだけで、開放感があるし。

 

f:id:sensukekimono:20180922033306j:image

海を見つめる、青島神社狛犬。海無し県(埼玉)育ちの私には新鮮!!!

 

 

日南とか日向とか、いかにも日照時間が長くて温暖な感じの地名も好き。

f:id:sensukekimono:20181001194013j:image

日南海岸

 

 

 

そんな宮崎県に行ったら、ぜひ食べてみてほしいのが、

天領うどん

www.tenryo.co.jp

 

宮崎県内に何店舗もあるうどん屋さんです。

しみじみと美味しいうどん。

 

 

祖母の葬儀の翌日、ひと通りの事がおわり、

昼前に「じゃあ、またね」と挨拶して分かれたはずの3家族が、

けっきょく天領うどんで再会した

という、みんな大好きな天領うどん。笑

宮崎に来たら、行かないと気が済まない我々…( ´ ▽ ` )

 

 

 

もうひとつ、私が大好きなのが、

かるかん。

shop.miyazaki-airport.co.jp

 

かるかんは鹿児島のイメージが強いかもしれませんが、

鹿児島のはふんわり、

宮崎のはもちもちしているみたいです。

 

かるかん饅頭もありますが、私はひたすら皮(かるかん)のみを食べられる、カステラ状のかるかんが好きです。(^.^)