千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

大手着付教室に通って、思うこと。〜着物の押し売りと器具購入〜【着付教室、行く?行かない?着物の習い方シリーズ 後編】

シリーズ2回めです。

【着付教室、行く?行かない?着物の習い方シリーズ】

 

前回、シリーズ前編の記事で、

大手着付教室を選択した千すけです。

sensukekimono.hatenablog.com

 

 

選んだ理由(前記事参照)のとおり、ありがたい部分は多かったのですが、

反対に、「ここは、これから着付教室を選ぶ方は、知っておいた方が良いかもしれない」という点もありました。

参考の為に、私の体験を二つ書いておきます。

 

 

◾️帯結び用に、器具が必要

私が行った教室では、帯(お太鼓結び)の結び方を、

「まずは器具を使った、簡単な方法で覚えましょう」

ということで、数千円の器具を別途購入して、授業が始まりました。

器具を使うことで、「一人でカンタンに」「帯が痛みにくく」着付できます、という事だったのですが、

器具ナシの手結びでも、帯が痛みにくいやり方はあるし、

簡単かという点では、どっちみち【器具の使い方、帯の計り方】などを覚えることになるので、手結びのやり方を覚えたほうが早いんじゃ…

と、あとあと思いました。

それに、手結びの方が、仕上がりが断然美しいし、着ていても「きちんと締まっている」という気持ち良さがあるのですよね。

 

中には、ほんとうに便利な、良い器具もあるかもしれないですが、色々とオリジナル器具を買わせて授業をするスタイルは、それが本当に必要か、疑ったほうが良いかもしれません。

(といっても、必要かどうかとか、何も分からない状態だから着付を習おうとするのであって、疑ったところで判断ができるものではないですよね…私もそうだったし。

「手結び推奨」の教室と、

「器具購入 必須!」の教室があったら、

私は前者のほうが、何かと良心的な気がします)

 

 

◾️「授業」と称して、着物の押し売りデーがある

これは、クレームとかトラブルが多かったようで、数年前に消費者機構からの指導が入ったみたいです…^^; やっぱり…

なので、今はどうなったか知りませんが、私が通っていた当時のお話です。

 

要はですね、

・今日はカリキュラムの内容は30分だけやります

・残りの時間は、着物の作家さんが来ているので、そちらでお勉強しましょう

という流れで、

 

・作家さんの技法を生で見ることができる

・プラス、作家さんのこのお着物、ちょっと着てみまひょ〜

・すごくお似合いよ〜!!いかが?¥ (←なかなかしつこい)

ってやつです。

 

これ、作家さんの技法を生で見ることができるという点では、 すごく貴重だし、有難い機会だったと思います。

江戸小紋とか、友禅、紅型などの「染め」の技法を見せてもらったり、

日本の繭と、東南アジアの繭の、色や質感の違いを見て触って感じたり、

貴重な古い織り機が教室に来ていたり、

まさに百聞は一見にしかず という勉強をさせてもらったので。

そういう意味では、貴重な機会でした!と言えます。

 

押し売り部分に関しては、毎回うんざりでしたが、断り続ければ良かったし、

逆に自分で呉服店に行って、買い物もせずにあれだけの反物を見せてもらう(見て触って勉強する)事を考えたら、そんなこと実際できないと思ったので、まあ総合的に有難い機会だから良し、と思っていました。

 

でも、ある時、生徒さんの中で、

「私は、授業をしてもらう前提で、授業料を払っている」

「着物の押し売りタイムは、授業ではない」

「授業料を払って、着物の押し売りをされるのは、納得がいかない」

と言って、急に教室を辞めた方がいて、それももっともだなと…。

ちなみに、教室側の回答は「販売会は、授業の一環です」でした。えー押し売りタイム含め?うそーん^^;

↑そんな「授業」の定義はもちろん、申込時に説明はないし、結局、消費者機構からの指導が入ったのでしょうね…

 

自分が何をどこまで学びたいか、

どんなスタイルが良いのか、嫌なのか、

その辺りの相性みたいなものは大事かなと思います。

 

そしてもし、選んだ方法が合わなかった(たとえば、教室が嫌!とか、独学でやったけど分からない!とか)としても、

着物を嫌いにならないで、また楽しく続けていってほしいな!と思います。

それがイチバンです( ´ ▽ ` )ノ☆

 

f:id:sensukekimono:20171127022225j:image

 

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com 

sensukekimono.hatenablog.com