千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

マツオヒロミさん『百貨店ワルツ』 素敵すぎて悶絶…!!♡

本屋さんで、こんな素敵な本を見つけました!!♡

 f:id:sensukekimono:20171125124524j:image

 

『百貨店ワルツ』 マツオヒロミさん

実業之日本社

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

 

 

 

表紙を撮る時は外しましたが、

本の帯も可愛い…(*^^*)

f:id:sensukekimono:20171125124640j:image

f:id:sensukekimono:20171125124658j:image

f:id:sensukekimono:20171125124712j:image

f:id:sensukekimono:20171125124725j:image

 

もう、素敵すぎて、

「うわあ〜〜〜♡(*´ ▽ `*)」

「は〜〜〜〜♡(><)」

ばっかりしか言えません。笑

 

とにかく素敵なんですよ!!!

まず絵が、見ての通り、

可愛い。お洒落。大正浪漫…!

もう、言うまでもないですが(*´ ▽ `*)

 

 

こちらの本は、

 “虚構の二十世紀初頭、

 デパート「三紅百貨店」を舞台にした

 コミック&イラスト集”

と、帯に記載があります。

 

百貨店のように、各階(売り場)ごとに、

短いストーリーの漫画や、デパートの広告や商品などのイラストで構成されているので(◯◯圓◯◯銭 と、値段までちゃんと書いてあったり!)

現実離れした、夢の中みたいな美しさ

と同時にリアリティがあり、

 

まるで、

自分が、

「三紅百貨店」に、

時代や次元を超えて、迷い込んだ気分になれるのです……!

ウフフ。。。(о´∀`о)

 

だってもうね、目次からして、

“ 2F 美粧部 ”  

↑美粧部!!

「美粧」って!

「美粧院」とか私のおばあちゃん言ってたわ!はーーー!!!♡(*゚∀゚*)

とか、いちいち震えるのですよ。♡

 

本を手にとり、

表紙をめくると、

まずお目にかかれるのは、

百貨店の包装紙かのような美しい一枚の頁。

 

f:id:sensukekimono:20171125124811j:image

(ここだけちょっと、紙質が違うのです!)

 

トリップが盛り上がります…(*´ ▽ `*)

f:id:sensukekimono:20171125125055j:image 

 

 

 

私の大好きな池田重子さんの、

「日本が一番美しかった頃」

という言葉を思い出しました。

 

sensukekimono.hatenablog.com

 池田重子さんへの想いはこちら↑

 

 

美しいものを、日常に纏っていた時代。

 

私はその時代を、こうして本や、

映画やドラマの中において、

しか知らないけれど、

もしもタイムマシンでもあって、ほんものの「その時代」 を見ることができたらなぁ…!!

などと考え出すとドキドキしますね(*゚∀゚*)

 

私はデパートがとても好きなのですが、

(良いもの、きれいなものがたっくさんあって、パリッと気持ちよくて、どの階もいい匂いがするし、お店の方は礼儀正しく優しく、もう大好きな場所です。行くだけで元気がでる。笑)

本の中の「三紅百貨店」のような、コテコテに美しいデパートが、現代にもあったらなあ…♡♡と、妄想がとまりません。あぁ行きたい。

でも実際、そういう美しい時代が、確かにあった(らしい)んだもんなぁ…。

すごいよなぁ…(゜-゜)

 

 

そしてイラストの女の子たちの着物がもうね…もうね…( ;∀;)♡

どれも可愛すぎて。コーディネートが素敵すぎて。

着物 + フリフリ白エプロン + ヒール靴

の給仕さん (“5F 喫茶室” です(*^^*))

とかね!

本の中では、現代的なアレンジの部分もあるだろうとは思いますが、

それにしても、昔のほうが、自由に、ラクに、カッコよく着物を着ていたイメージがあります。

 

着物に目を奪われっぱなしですが、

なんなら洋装のイラストも可愛すぎて!←百貨店に、初めての洋装を誂えに来るお話があるのです。まだ、着物しか着たことがない人の方が多かった時代なんですね。

 

ほんとうに、見るだけで楽しいです。

 

 

 あとがきで、マツオヒロミさんが

“特に思い出深いデパートの一つ” として

大丸心斎橋店を挙げられています。

 

調べてみたところ、とてもとても美しい建築物でした…!

残念ながら、老朽化のため、建て替えに入っているそうですが、

本の中の「三紅百貨店」の雰囲気を、

僅かながら三次元で垣間見ることができた気がして(画像でですが^^)、またワクワクするのでした。

色々出てきますので、気になった方はぜひ検索されてみてください〜♡

実際に行かれた事がある方が羨ましい♡(*^^*)

 

 

今回の記事はハートマークが多かったな!笑 ♡

あれです、子供の頃、絵本を前に、その本の世界に入っていくドキドキワクワクするあの感じ!を、久々に味わいました。

幸せ〜〜♡♡

 

 

 ↓ この記事へ続きます。

sensukekimono.hatenablog.com

 

 

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com

sensukekimono.hatenablog.com