千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

アンティーク着物への妄想 or リサイクル家電のパンツ問題

こんばんは、アンティーク着物が好きな千すけです。

 

アンティーク着物の、現代の着物にはない魅力として、

その色使いやデザイン、こんな芸術品を日常の衣服にしていたのか!という驚き等がありますが(これについてはまた別記事で語るとします)、

私が感じるもうひとつの大きな魅力として、「着物の持つ物語」あります。

 

年代物の着物に出会ったとき、いつも

「この着物は、どんな人が着ていたんだろう」

という所に想いを馳せます。

 

これは、状態からして、大事に仕舞っていたものではなくて、日常で着ていた感じだな。

きっと気に入って、よく着ていたのだろうな。

こんな着物を普段から着ていたなんて、持ち主はどんな人だったんだろう。

深窓の令嬢かな。

どんな人生だったのかな。

どんな気持ちでこの着物を着ていたのかな。

どんな経緯でこの着物を手放したのだろう。

そしてそこから、この着物は、どんな旅をしてきたのだろう。

その過程は私には全く分からず、知りようもないけれど、とにかく今、私の所に来てくれてありがとう。

 

f:id:sensukekimono:20170915092438j:image 

 

と、先人の想いや、着物の気持ちを、リレーしているような、襷を繋いでいるような、しみじみと嬉しい気持ちになります…

 

そして私が今、愛用している着物も、

いつか時を経て、誰かが着たり、元の持ち主がどんな気持ちで着ていたのかと思ったりするのかな、

と、ふと考えたりも。

 

 

…しかし、実際の所は、経緯なんて何にも分かったものではありません。

ぜんぶ、私の妄想です。

 

でも、私にとっては、事実云々よりも、

妄想できる、ロマンをかき立てられることが大事。

美しい物語を妄想できるのは、着物が美しいからこそ。

同じ “USED” でも、リサイクルショップに置いてある、誰かが使ってた洗濯機には、ロマンはない!!笑

(そして生活感のある、あんまり美しくない妄想なら色々できる…笑。どこぞの誰かがパンツ洗った洗濯機かームリだわー、とか…(´・ω・`)) 

 

着物の持ち主や、時代背景、どんな想いだったのかとか、勝手に想像してロマンを感じること。

それが、アンティーク着物の大きな楽しみです。

 

 

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com

sensukekimono.hatenablog.com