千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

季節が変わる日。 秋が来たよ

9月1日。

 

着物においては、夏物の着物から、

「単衣(ひとえ)」という、6月と9月のみの着物に切り替わる日です。

 

今年はかんかん照りの日がほんとうに少なく、夏らしい夏ではなかったように感じます。

さほど暑くない8月だったとはいえ

9月に入るとやはり、陽射しも空気も秋になったなあと思いました。

きっと気温は、涼しかった8月とたいして変化ないのだけど。

陽射しは少しオレンジっぽく、空気に水分が少なくなってくると随分違う。

しゃっきり、リフレッシュする気分。

そんな中でも昨日はまだ入道雲が見えたりして、行く夏を惜しむ気持ちも。

そんなジレンマ?も私は初秋の醍醐味と楽しんでいます(^^)

 

 

さて、今日は着物の季節のお話を。

着物には、季節によって、

先ほどの「単衣(ひとえ)」と、

「袷(あわせ)」

「絽(ろ)・紗(しゃ)」

どれを着るかが、明確に決まっています。

 

 

まず、「袷(あわせ)」。

 f:id:sensukekimono:20170904180516j:image

裏地が付いています。二枚仕立て。

この、「八掛(はっかけ)」という裏地が、袷の楽しみ!!

歩く時なんかに結構見えるので、八掛によって着物の印象も全く異なってくるのです(*^^*)

この組み合わせ大好き!♡

 

10月〜5月まで着ます。

 

 

次に、「単衣(ひとえ)」。

6月と、9月に着ます。

裏地がありません。

f:id:sensukekimono:20170904180540j:image

「袷」よりも涼しく着たい季節、

つまり夏の始め(6月)と、秋の始め(9月)の為の着物。

裏地がないぶん、軽やか! 

 

 

最後に「絽(ろ)」。

7月、8月、盛夏の着物です。

 f:id:sensukekimono:20170904180446j:image

もちろん裏地なし。透けるくらい薄い。

 

 f:id:sensukekimono:20170904180559j:image

↑絵柄が透けているのが見えますでしょうか

※ちなみに、「紗」とは、絽よりさらに透け感があり、ややカジュアル寄りの着物です。

 

月ごとにまとめると、

1月〜5月        袷

6月                 単衣

7月〜8月        絽・紗

9月                 単衣

10月〜12月    袷

という感じです。

(こうして見ると日本は寒い時期の方が多いんだよな…)

 

着物の衣更(ころもがえ)は、日にちではっきり区切り、「9月になったら絶対単衣!」という厳密なもののようですが、

 

ただ、最近では「5月で真夏の暑さ」とか、変な気候の日も多い為、

境目辺りの時期については、臨機応変に…という雰囲気もあるみたいです。

何より、暑い寒いで体調を崩すことがないのが一番と、私は思います。

 

体温調節は大事です!!!笑

↓↓

sensukekimono.hatenablog.com

 

 

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓ 

sensukekimono.com

sensukekimono.hatenablog.com