千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

そもそも、なぜ私はこんなに着物が好きなのか【その①】 着物で季節を感じるのが最高!!

なぜ、着物を好きになったの?

 

私の着物好きを見て、よく聞かれる質問です。

 

最初、これを聞かれた時は

「理由なんて考えたことなかった」

と思いました。

 

なぜ好き?

例えば、「好きな食べ物はなに?」と聞かれて、理由言えるか?

おいしいと感じるから、好き。であって、

あんまり理由がないと思うのです。私の場合はそう。

 

(でも逆に、嫌いな食べ物については明確に嫌いな理由が言えるのは何でだろ!笑

私は

・ココナッツ(匂いが大嫌い。食べ物とは認めない)

・みたらし団子(甘いかしょっぱいかどっちかにしろ)

てな感じ。

あと私じゃないけど、「イチゴは種がブツブツするから嫌い」って人がいて、ほんと好き嫌いは人それぞれだなーと思った!笑 私はイチゴ大好きだからその感覚が分からない!笑)

 

 f:id:sensukekimono:20170825003354j:image

 

話を戻して。

だから、私の「着物が好き」も、

理由なんてないぜ!NO REASON!!*\(^o^)/*

なんですけど、

あえて掘り下げてみたら、こんな理由かなというところをまとめてみます。

 

 

①季節を感じられる着物が好き

これは、とても大きい理由かなー。

日本には四季があり、それも更に二十四節気、七十二候にまで細かく分かれている。

季節のうつろいをきめ細かく感じとり、

着物だけではなく、お茶や、料理や、部屋のしつらい等、暮らしに季節を映しながら、一年を送っていく。

私は日本のその感覚が大好きで、楽しくて仕方ないのです。

 

季節のはっきりした着物って、一年のうちの「その時」しか着られない、ものすごく素敵な贅沢だと思います。

 

お雛様の帯とか。

桜尽くしのコーディネートとか。

朝顔の帯に、ガラスの帯留も、夏の楽しみ。

秋になったら竜田川の着物でもみじを纏って、

冬はお正月らしい吉祥文様でお祝い。

ああぁたのしーー!!♡

 

でもこれ、その季節(ものによってはもっとピンポイントで一年のうちの数日間)しか、着られないですからね!

一年のほとんどは、箪笥の中で待機ですからね!!

いわゆる「着回し」の観点から言ったら、めっちゃコスパ悪いでしょう。笑

 

でもでも、それが良いのである。

それが美学なのです。

そこが、好きで好きで仕方ないのであります。

 

 長くなりそうなので【その2】【その3】へ続く。

 

sensukekimono.hatenablog.com

sensukekimono.hatenablog.com

 

 

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com

sensukekimono.hatenablog.com