千すけ 着物文庫

アンティーク&リサイクル着物『千すけ 着物ブティック』のブログです。着物の事や、好きなもの。

足袋のこだわり。こはぜは5枚派

こんにちは、千すけです。

 

ええと、今日は足袋の「こはぜ」の事。

4枚が普通、というか、数なんて気にしたことなかった私に、

「5枚こはぜの足袋」の存在を教えてくれたのは、池田重子さんの本でした。

 

 f:id:sensukekimono:20170818155905j:image

 

この中で、池田重子さんの足袋は5枚こはぜ

という記述があり、

(幼少の池田重子さんが、目の前で階段を昇る踊りの名手さんの足元の美しさに驚嘆し、「あの足袋は5枚こはぜよ」とお母さまに教えてもらい、自らも5枚こはぜの足袋を誂えてもらった)

重子さんに憧れて5枚こはぜの足袋を買い求めた千すけでした。

 

 

f:id:sensukekimono:20170818155828j:image

 

4枚と5枚、

足首のところの長さとしては1.5cm位、違ってくるかな。

f:id:sensukekimono:20170818155846j:image

 

私はこの、5枚こはぜの長さが、絶妙に好きです。

 

まず、僅かですが、着物の裾から、足袋と脚の境目が見えにくい。

階段を昇るときなんか、結構見えますよね、このあたり。

※そして千すけは冬場は足袋の下にタイツが必須なので、なるべく黒タイツ脚を見せないように…(^^;

 

そしてもう一つの理由は、5枚の方が、脚がキレイに見えるから。

もちろん着物だから人からは見えないんだけど。これはもう完全なる自己満、自分が5枚の方がテンション上がるから!です^^

 

テンションが上がるといえば、

5枚の方がよりドレッシーな感じがするのですよね。

逆に、4枚で、浅く履くのが「粋」とされて、江戸では4枚が好まれるとか、

5枚はフォーマルな着物で履くものだとか、色々あるようで、

どちらの好みも素敵だなぁと思います(*^^*)

 

 

 

 

アンティーク&リサイクルキモノ

web shop『千すけ 着物ブティック』オープンしています(o^^o)↓

sensukekimono.com

sensukekimono.hatenablog.com